昔の道具が大活躍!

稲から籾(もみ)を取る作業を脱穀と言いますが、今のコンバインは稲刈り・脱穀まで全自動です。手で稲刈りしてハサがけした米は、今は「ハーベスター」という機械を通して脱穀・選別しています。しかし、ハーベスターで脱穀してしまうと、籾に傷がついて種籾としては使えなくなってしまいます。そこで種籾を取るときには、昔ながらの「足踏み脱穀機」が重宝します。足でペダルを踏むと、ドラムが回転し、その突起部分に籾がひっかかり、稲から籾が外れる仕組みです。ハーベスターは動力が足ではなく電気ですが、その仕組みはまったく同じです。

稲を広げて脱穀機に入れると、ぱらぱらっと籾が落ちます。しかしドラムにも力がかかるので、足もめいっぱい踏み込まないと止まってしまいます。子どもたちも体験してみましたが、結構な力作業です。見えにくいですが、左の子がワラを持って、右の子が足でペダルを踏んでいます。籾が飛び散ってしまうので、脱穀機の周りを板やシートで覆って作業していました。

脱穀した籾には藁くずや未熟な米が混ざっているため、唐箕(とうみ)という道具を使って、選別します。唐箕は風の力を利用して、重い籾と軽いワラくずや未熟米を分ける道具です。ハンドルを回して風を起こし、上から籾を少しずつ入れて、ここからは「風任せ~!」

すると、重い籾は手前の出口から、軽い籾は奥の出口から、もっと軽いワラくずなどは横の出口から、と3つに分かれて出てきます。

写真の右上がハンドルです。手前の箕(み)に入っているのが重い籾です。「本当に重いモノだけがここから出ているのかな~?」と半信半疑だったので、この籾だけをもう一度唐箕にかけてみました。そうしたら、やっぱりこの出口からしか籾は出てこない!疑ってごめんなさい!今も昔も立派に役割を果たしている道具に感謝!です。

 

稲刈りとハサがけ

9月中旬から下旬にかけてコシヒカリやもち米の稲刈りを行いました。棚田なので手刈りが多く、束ねたものをハサにかけます。この時期、見事な黄金色のカーテンが出現します!

コシヒカリが一段落すると、今度は青ワラ用に育てていた古代米の種用の稲の収穫です。こちらは穂が紫色なので、ハサも緑と紫のカーテンになりました!(ちょっと写真ではわかりにくいけど)

今回、古代米は組み立て式の段ハサを使いました。好きな場所にハサを移動できて便利なんですよ。

ろうきん田んぼ稲刈り

新潟ろうきんの有志による、稲刈りボランティア活動が行われました。春に「ろうきん森の学校」の田んぼに植えたコシヒカリは風で少々倒れましたが、実入りは上々!手早く刈り取り、束ねていきました。

中ノ俣では稲を束ねることを「稲をまるける」といいます。まるけ方は、ちょっとコツがあるので、なかなか難しかったようですが、稲をハサに運ぶ重労働は、多くの皆さんにお手伝いいただき、とても助かりました。

8段もあるハサに稲をかける作業は、ハサに登って稲を受け取る人と稲を投げ上げる人とのコンビネーションが重要!息の合ったチームワークであっという間にきれいなハサが出来上がりました。

「どれくらいの量がとれるかな?」「新米はいつ頃食べられるかな?」と、成果を楽しみにしつつ、「10月は市民の森でキノコが採れるかも!?」と、次回以降の活動への意欲満々の皆さんでした。ご協力ありがとうございました!

 

 

猛暑の青田刈り

「しめ縄用の青い・長いワラを作ろう!」と始めた青ワラづくり。肥料を与えて大きく伸ばした稲の、穂が出る前に刈り取ってしまうのが「青田刈り」。穂が出てしまっては、価値がありません。そうなると、毎年青田刈りは、8月初旬の酷暑の最中、ということになり、今年も絶好の青田刈り日よりの中、6名で刈り取りを行いました。

足下からの長さは110cmほどでしょうか。例年だと、120cmくらいなので、ちょっと短めのようです。さらに今年は、なぜかイナゴが大発生!きれいな緑の葉っぱをかじって、ぎざぎざにしてしまうのです!これがコシヒカリの実りの時期になると、コメも食い荒らされてしまいます。こんなにかわいい顔をしていますが、強敵です。

青ワラは、機械乾燥にかけ、来年まで使えるように日に当てずに保管します。青ワラの香ばしいかおりはなんとも言えません!秋のわら細工講座は、この青ワラでの小物づくりを行います(^_^)v!

コシヒカリぐんぐん!

長雨の後の猛暑・・・イネにはどんな影響があるのかな、と心配でしたが、8月初旬に出穂(穂が出始める)した、ろうきん田んぼのコシヒカリはぐんぐん大きくなりました。

↑8月8日に撮影した写真です。イネの花が咲いている状態です。

↓同じく8月8日に撮影した田んぼです。穂は出始めなので、葉っぱに隠れていてよく見えません。

ですが、2週間後の8月23日に撮影した写真がこちら!↓

たった2週間で背丈もぐんと伸びて、穂が頭を垂れる状態になってきました!黄金色にたわわに実るにはもう2~3週間ほどかかります。あまり背が高くなると、強風などで倒れてしまうことも。無事稲刈りが終わるまで、お天気が毎日気がかりです。

 

 

 

いろいろな稲、育ってます!

田植えから2ヶ月あまり、稲はぐんぐん大きくなっています。田んぼの畦の草刈りや、田んぼの中の草取りも頑張っていますが、雑草と稲の競争は、稲刈りまで続きます(笑)。ちょいワラ部会では、食べるためのコシヒカリではなく、青ワラを収穫するための稲も2種類育てています。1つは、古代米の一種で、もう一つは「ゴセンモチ」という種類。どちらも、もち米の仲間のようで、肥料を与えると、どんどん背が高くなります(写真は7月5日頃)。ゴセンモチは今年初めて植えてみたのですが、最初はひょろひょろだったのが、ぐいぐい大きくなり、色も深緑色です。あと1ヶ月ほどで刈り取りなので、それまで天を目指してもうひと伸び!頑張れ~!!

古代米の一種
ゴセンモチ

ろうきん森の学校のコシヒカリも元気に育っています!一番遅く植えた稲なので、まだ背丈はありませんが、これから株が太り、ぐんぐん伸びていくと思います。同じ緑色に見える田んぼも、ちょっと黄緑だったり、濃い緑だったり、植えた時期や生長具合によっていろんな表情を見せてくれます。生長過程を見ていると、より愛着がわいて、お米も美味しくなるんだろうな、と思います!

ろうきんコシヒカリもぐんぐん!

ろうきん田んぼの田植えとカエルたち

今年度、新潟ろうきんの皆さんに植えていただく予定だった田んぼですが、春に畦が崩れていたので、補修をしてもらいました。お越しいただくことができず残念だったのですが、スタッフで5月21日に田植えをすませました。こちらはコシヒカリを植えています。棚田なので機械は入りません。ビビラですじをつけ、勘で間隔を取り、手植えをしていきます。1畝(「いっせ」と読みます)=1a=100㎡ほどの、細長い田んぼです。去年稲刈りをしていただいた方は覚えているかもしれませんね。同じ田んぼです。高台の田んぼなので、眺めがいいですよ~(笑)!

 

この田んぼのほかに、青ワラ用の苗を植えた田んぼもあるので、区別するために小さな看板を立てました。来年はろうきんの皆さんと一緒に看板を作りたいですね!

さて、こちらの田んぼにはカエルがたくさん見られます。子どもたちは田植えや草刈りなんてそっちのけで、カエルやオタマジャクシを追いかけ回しています。子どもたちのカエルリストを紹介します!

トノサマガエル
ニホンアカガエル
トノサマガエルにしがみついたモリアオガエル(上)

上記はいずれも大きめのカエルなので、子どもたちも「大物を捕まえた!!」と大喜びでした。モリアオガエルは田んぼではなく、池に張り出した木の上に卵を産むので、あまり田んぼで見ることはないのですが、森に近い田んぼなので、遊びにきたのかな?

田植えが一段落した棚田はピカピカです!これからは草刈り・草取りシーズンが始まりますよ~!

田植え後の棚田(角間展望台より)

 

第2回棚田学校・田植え

曇り予報に「そのうち晴れるよ」とやる気満々で始めた中ノ俣・角間の田植え。予想に反して小雨が降り続いていました。我が家族の田んぼは、3人の子どもが1枚ずつ「自分の田んぼ」を管理できるようにと、3つの小さな田んぼを借りています。まずは、ビビラで田んぼの中に線を引く作業を教えてもらいました。子どもたちも小さいビビラで頑張って線を引いていきます。深い田んぼなので、歩くのも精一杯。転ばないように慎重に・慎重に・・・!

続いて、苗の植え方を教わります。苗を3~4本とって、指の第一関節が埋まるくらいの深さまで、そっと泥の中に苗を入れます。次の苗との間は20cmくらい。それを線に沿ってまっすぐ植えていきます。ところが3~4本がいつの間にか10本くらいの大束になったり、線の上に植えるはずがどんどんはずれて2列が3列になったり・・・それでも子どもたちは自分の田んぼを自分のペースでしっかり田植えをしていきました。

最後は自分が植えた田んぼと一緒に記念撮影!雨と寒さでちょっぴり元気がないですが、「どれだけお米がとれるかな~!?」と今からわくわくしています。その前に、田んぼの畦の草刈りと、田んぼの草取りが待っているよ!秋まで自分の田んぼをかわいがってね!

 

第1回棚田学校・堆肥まき

4月26日に今年度第1回の棚田学校を開催しました。今回はそれぞれの田んぼに堆肥をまく作業が中心でした。まずは牛糞を寝かせた堆肥を袋に詰めて自分の田んぼに運びます。結構重いので子どもはヨタヨタしていましたが、抱え込んで頑張って運んでいました。

子どもたちは牛糞の堆肥にも慣れっこで、「スコップで田んぼに平均にまいてね」と言ったのに、「面倒くさい!!」と言って、手でつかんで豆まきのように空に向かってばらまいていました!(大人はちょっと遠慮がちに袋からまいていました(^_^;))

お楽しみのお昼ご飯は、(コロナ対策にて)みんなで一緒には食べられず残念でしたが、子どもたちも久しぶりに外で体を動かし、自然の空気に触れてのびのびしていました。5月の田植えを楽しみにしています!

棚田の用水清掃

4月12日に中ノ俣の用水清掃に参加しました。棚田を潤してくれる水の路をキレイにする作業です。今年は残雪もなく、あまり崩れているところもありませんでしたが、それでも泥や落ち葉などで水路が埋まっています。子どもたちも頑張って、スコップをふるっていました。

彼らのお楽しみはカエルやドジョウなどの生き物探しなんですが、今回はヤゴとクロサンショウウオの卵がたくさん見つかりました!