秋のわら細工体験会にて

8月~10月にかけて新たな形の鍋敷き作りに挑戦しました。8月からは、青田刈りした青ワラを使って縄をなっています。芯がなく柔らかいので、しなやかで色鮮やかな縄ができます。今回の鍋敷きはちょっと複雑な形で、なった縄を上下に組み合わせて模様を作るのですが、なかなか一回では覚えきれません。それでも、説明書を見たり講師に確認したりしながら、だんだんとコツを覚えていきます。

ワラを持ち帰って「次までにもう一つ作ってくるね!」という方も。縄の太さや組み合わせの回数を変えるだけでも、全く趣の異なった作品になります。いろいろとアレンジできるところが、わら細工の面白さ・奥深さですね。

森の恵み体験会

森にある資源で、じっくり・ゆっくりものづくりを楽しもう!ということで、「森の恵み体験会」を行いました。まずは森へ行って木を切り、材料を集めました。まず最初は、「森の色鉛筆作り」からスタートです。木を切ったり、穴を開けたり、馬という木の道具にまたがりセンという刃物で木を削ったりしました。

子どもも興味しんしんですが、大人の方が夢中になってものづくりに没頭する姿も。色鉛筆が出来上がると、今度は自分の思い描いた作品作りに挑みます。おもちゃの車を作りたい!お皿を掘りたい!スプーンやナイフを・・・と、いろいろなものにチャレンジしていました。

今回はお天気も良く、「もりもりデッキ」が大活躍!椅子を出してテーブルを囲み、ものづくりの合間のティータイムを楽しみました。コロナ対策で炊事は出来ませんでしたが、今後は山菜とりやきのこ狩りなどを合わせて、森を丸ごと楽しむツアーを企画したいと思います。

ササユリの丘バージョンアップ!

春から整備を進めてきた「ササユリの丘」。管理棟のすぐ脇にあるので、気軽に入れます。7月にはアクセス道もキレイにして、看板もつけてもらいました。

ササユリが咲き終わって、きれいに草刈りをしたら、池を眺める素敵な木陰になりました。「せっかくだから、テーブルと椅子もほしいね」ということで、春に除伐した材を使って、作業スタッフの方が休憩スペースを作ってくれました!

↑午後の丘は西日がほどよく入って気持ちがいい!どんどん欲が膨らみ、「周りの木にハンモックつけよう!」という声も(^_^)v くつろぎスペースがますます広がっていきますね~!

夏のふるさと探検

毎年恒例の子どもイベント・「夏のふるさと探検」!今年は昼食作りができないので、「昔の遊び道具を作って遊ぼう!」をテーマにものづくりを行いました。弓矢作りでは、自分で取ったネマガリタケに縄やヒモをかけて弓を作り、矢は10数年前に刈ったヨシを利用して作りました。カッコよく構えて矢を放つと、結構遠くまで勢いよく飛びます。段ボールの的に刺さると大喜びでした。

水鉄砲は細い竹にスポンジやサラシを巻いて押し棒を作ります。太い竹の節に穴を開けて組み合わせれば完成です。こちらも水が勢いよく飛び出し、最初は遠慮がちに遊んでいた子どもたちも、そのうちお互いにびしょ濡れになるほどの水合戦になりました。「水が漏れないようにするにはどうしたらいいの?」と、あれこれ工夫する姿も見られました。小刀やノコギリなどを使って「自分で作ったもので遊ぶ」という、当たり前のようで今は難しくなった体験を、十分満喫できたのではと思います。

夏のふるさと探検のお楽しみと言えば、やっぱり森遊び!木陰のハンモックやブランコもゆったりできて気持ちいいのですが、シンプルに木登り・木渡りが一番人気かな?

「もう6年生だから、来年は来られない」と、つぶやいた常連さんに、「中学生になったら、ボランティアさんで来て小学生と遊んでよ!」とお願いしたら、「絶対来るよ!」と笑顔で応えてくれました。1日を通じて、「自分のことは自分でやる!!」といういろいろな経験が詰まった「夏のふるさと探検」。大人になっても、心のどこかに「楽しかったなぁ」と思い出してもらえるとうれしいです。

 

猛暑の青田刈り

「しめ縄用の青い・長いワラを作ろう!」と始めた青ワラづくり。肥料を与えて大きく伸ばした稲の、穂が出る前に刈り取ってしまうのが「青田刈り」。穂が出てしまっては、価値がありません。そうなると、毎年青田刈りは、8月初旬の酷暑の最中、ということになり、今年も絶好の青田刈り日よりの中、6名で刈り取りを行いました。

足下からの長さは110cmほどでしょうか。例年だと、120cmくらいなので、ちょっと短めのようです。さらに今年は、なぜかイナゴが大発生!きれいな緑の葉っぱをかじって、ぎざぎざにしてしまうのです!これがコシヒカリの実りの時期になると、コメも食い荒らされてしまいます。こんなにかわいい顔をしていますが、強敵です。

青ワラは、機械乾燥にかけ、来年まで使えるように日に当てずに保管します。青ワラの香ばしいかおりはなんとも言えません!秋のわら細工講座は、この青ワラでの小物づくりを行います(^_^)v!

大きくなってきました

↓この写真の植物は何だか分かりますか?

「トウモロコシでしょ」とよく言われるのですが、実はホウキキビといって、座敷箒の材料になる植物なんです。生長すると背丈が2~3mくらいになって、ふさふさと実をつけます。その実をとった部分を集めて、ほうきにするんです。今年は長雨でまだ背丈が大きくならないのですが、梅雨が明けて暑くなったら、ぐんぐん大きくなります。

↓こちらはなんでしょう?

「オクラだね~」と言われたことがありますが、こちらは綿(わた)です。昨年から栽培しているのですが、今年はとても大きく育って、そろそろ花をつけるようです。大きな花を次々つけるのですが、その後、秋には白い綿の塊がたくさんつきます。「糸を紡いで、織物もいいね~!!」と夢は膨らむのですが、とりあえずはクリスマスの飾りに使わせていただきマス(^_^)v

畑には作物だけでなく、ものづくりの材料もたくさん植えています。もの作りは材料作りから!長雨に負けず、頑張って大きくなってね!

 

ちょいワラ体験会にて

7月のちょいワラ体験会では、久々にわらぞうりの復習をしました。10年以上前に、地域の方にわらぞうりを教わって以降、毎年1回、2回くらいしか作らないので、なかなかモノにならない。「わらぞうりくらい、自分で最初から最後まで作れるようになりたい!」と、メンバーはいつも思っています。なんとなく、「わらぞうりが出来たら、一人前!!」という感覚なんですね。

↑つま先から編んで、緒をつけて、かかとまで編みました。

↑かかとをきゅっと締めます。最後に、どんな形になったか、お見せしたいところですが、まだ片方しかできなかったので、また次回に(^_^;)!

最後に、↓これ、1本のわらしべ(みご)で作った三角形。「ピアスにしたら売れるよ~!!」と、わら細工好きにはたまらないかわいらしさ!!商品化なるか!?お楽しみです(^o^)

わら細工体験会とニンニク飾り

6月のわら細工体験会では、縄をなって「砥石袋」を作りました。今は砥石を腰にぶら下げて山へ行くことなどはめったにありませんが、昔は大事な生活用具でした。縄をねじって絡めるだけのシンプルな作りですが、結構ややこしく、治具を使って講師に教わりながら仕上げました。

その合間に、我が家で大量に収穫したニンニクを使って飾りを作りました。ただぶら下げておくだけではもったいないので、茎の部分を編み込みにして長く仕上げました。唐辛子やハーブなどを合わせると、より華やかですね。編んでいるとニンニクのいい香りが部屋中に漂い、季節の香りを楽しみました。

 

昔の遊び道具づくり

中ノ俣の地球環境学校で昔の遊びを体験したい!という小学校のご要望にお応えして、「昔の遊び道具を作ってみよう!」ということになりました。そこで中ノ俣の「昔遊びの達人」の皆さんにスタッフ指導と試作をお願いしました。1つめはタケと縄を使った弓矢です。ネマガリタケを切って、その先をV字に削り、なった縄をひっかけて弓のしなりを作ります。矢はススキの軸部分を使いました。達人が構えて矢を放つと、勢いよく飛んでいくのに、スタッフは弓の持ち方、引き方さえ分からない!「昔はみんな自分で作って遊んでいたから、体が覚えているんだよ」とは達人のお言葉。さすがです!

2つめは木刀です。今回はオニグルミを使いましたが、真っ直ぐな木なら何でもいいそうです。ナタで丁寧に削いでいきます。柄の部分には飾りの刻みを入れました。スタッフも指導いただきながら短刀を完成しました。試し素振りもなかなかでしょ(笑)!

3つめはタケの水鉄砲です。モウソウダケを切って、節に小さな穴をあけます。枝の部分を押し棒にして、タケの筒にぴったり合うように押し棒にサラシを巻き付けます。筒に水をためて押し棒を押し込むと穴から勢いよく水が飛びました!手前の水漏れ防止にスポンジを巻き付ける一工夫は、現代風かな?

いずれの道具も、地域の方々が子どもの頃に自然の資源を使って工夫して作ったもの。おしゃべりしながらも手はさっさと動いて、あっという間に出来上がってしまいます。子どもたちにも「自分で集めて、作って、遊ぶ」楽しさが伝わるといいなぁ、と願いつつ、大人である私たちも十分楽しめるプログラムだなと思いました★

 

 

ネムノキスツール完成★

春先に切ったネムノキでスツールを作ってもらいました。皮を剥いで座面を削り、持ち手のような飾りのような切れ込みも入りました。5つのスツールが「もり森デッキ」の日よけの下に並んでいます。こちらのデッキは土足OK!気軽に上がって、ちょっと腰を下ろして、ひし池の方を眺めてみてください。額縁のような木陰からの眺めが最高ですよ~★

西日を浴びるデッキとスツール