バケツ稲ももうそろそろ・・・

自宅の庭のバケツ稲も穂が出てから一ヶ月半くらい経ちました。どのバケツも穂がつきましたが、やっぱり3束植えたバケツはちょっと混み合っているようです(写真手前左)。一番元気良さそうなのは、写真奥に隠れている1束植えです。結果的には、これくらいのバケツだと、1束(4本の苗)を大事に育てた方が効率がいいということになりそうです(欲張ってはいけないんですね(^^;)。

黄色い穂が垂れてきて、いい感じなのですが、ちょっと痩せているかも。バケツの中の栄養だけでは足りなかったのかもしれません。そして、よく見ると何者かがおいしいところをかじった痕が!結構な数の籾に穴があいてしまっていますが、これも勉強です。棚田の田んぼにあわせて、こちらも稲刈り・ハサがけをしたいと思います。

穴がいくつかあいています。キレイに食べられています(-_-)

稲刈り直前・角間の田んぼ

9月半ばに入り、稲刈りシーズン到来です。今年はちょっと遅れるかな?と思っていた稲刈りも、平場では9月早々に始まりました。中ノ俣の角間の棚田では、先に植えたもち米(アクデン)の稲刈りとハサがけが始まっています。今週末からはいよいよコシヒカリの稲刈りが始まります。

黄金色の稲と青空はよく似合う!

ろうきん森の学校のコシヒカリも、黄色く実り頭を垂れるようになりました。今年はどの田んぼも背が高くなり、強風や台風などでの倒伏が心配でしたが、今のところ大丈夫のようです。

上の写真は9月15日の状態で、ちょっと稲刈りには早いかも?という感じです。森の学校のコシヒカリは9月23日に稲刈り・ハサがけする予定ですので、ちょうど刈り時期ですね。イナゴとの生存競争に打ち勝った(!?)お米、収穫を楽しみにしています(^0^)!

 

チャレンジいっぱい・もりっちクラブ④

まずは朝の一仕事、「ちょいボラ草刈り」からスタートです。大人は鎌で草を刈り、子どもは草を集めて運ぶ、という役割分担も上手くなりました。

草刈りしていたら大きなミミズも出てきました!!

続いては今が旬の山菜・ミョウガを採りに行きました。子どもはあまり人気がないミョウガですが、どんなところにどんなふうに生えているかを観察すると目が輝きます。次から次へと見つけては「ここにもある!大きい!」と宝探しのようにはしゃいでいました。酢の物や味噌汁にもいいし、肉巻きもオススメです!

こんな形のもあったよ~!
大漁です!

今回はお天気に恵まれたので、子どもは思い切り森遊びを!ということで、ハンモックや蜘蛛の巣ネット、木登りなどを楽しみました。雪国特有の根曲がりの木は、子どもの木登りにちょうどいいですね。

蜘蛛の巣ネットはスタッフオリジナル。どんどん改良していきます!
意外とバランスとるのが難しい!?
子どもは身軽にひょいひょい登ります。

大人はというと、お楽しみクッキング「ちょい燻」に挑戦です。メスティンという小型の飯ごうに桜チップを敷き、チーズやウインナーなどを入れて燻製にします。ほんの10分ほどでスモークチーズ&ウインナーの完成です!大量にはできませんが、ちょっと気軽に楽しめるこんな裏技もみんなでどんどん試してみたいですね。

あまり具をたくさん入れずに、燻煙を充満させるのがコツ。
中火で5分、弱火で5分、絶対にフタは開けないで~★
ちょい燻・完成です!ナッツがフタに近すぎてこげちゃった。

ちょい燻は大人向きですが(しかもアルコール向き((^0^)))、子どもデザートはチョコバナナで決まり!チョコをバナナにはさんでおき火でじっくり焼くとバナナからじゅわじゅわ泡が出てきます。あったかいバナナって甘み倍増ですね。

子どもはめいっぱいチョコを挟み入れます(^0^)
並べて焼きます
出来たてをパクリ!あま~い!
番外編/残ったおき火でソーセージ焼き!おやつでおなかいっぱいになっちゃうね★

 

ちょいワラ体験会・フカグツ完成!

新潟県下でもコロナ感染者が急増し、8月下旬から9月半ばは特別警報が発令されたため、ちょいワラ体験会も少人数での開催となりました。7月からフカグツ作りに入っていますが、①底を編む、②ガメ(甲の部分)を編む、③筒部分を編む、④縁部分を編む、という長い工程のため、完成までには時間がかかります。7月は①の底部分を終え、8月は②のガメ編みに挑戦です。複雑な作業ではありますが、「フカグツの顔」とも言えるこの部分は、時間をかけてじっくり編んでいきます。ワラを上げ下げするタイミングも一つ間違えると編み目がとんでしまうので、慎重に進めます。また、型を入れて中腰の姿勢で作業をするのがキツイところ。編み上がると同時に腰を伸ばして「やっとできた~!」と笑顔になります。

甲の部分を編む「ガメ編み」。姿勢がキツイんです。

③の筒編みは9月までの宿題でした。9月の体験会では④の縁編みを行いました。筒部分の上部を折り返し、麻ヒモに引っかけながら編んでいきます。フカグツの左右の形や高さが同じになるように調節しながら編まねばならず、なかなか難しい作業です。

縁が曲がらないように、広がりすぎないように、注意するポイントがいっぱい!

それでも3回の講座と自宅での復習の成果で、ようやく一足完成したフカグツに「初めてにしては上出来!」と講師からお褒めの言葉をいただきました!(あまりのうれしさに、完成品の写真を撮るのを忘れてしまいました(^_^;))

また9月の体験会に参加された90代の男性は「ワラ仕事なんて懐かしいなあ」と言いながら作業していましたが、麻ヒモをきつく締め上げる手つきはさすがにお見事!「よくできたから飾っておこう」と言っていましたが、ぜひ使い心地も試してみてくださいね。

手つきがカッコイイ!

ぐんぐん伸びてます!ホウキキビと綿

わら細工の材料として育てている「ホウキキビ」。トウモロコシみたいな外見で高さは3m以上にもなります。先の方に穂がつき、晩秋にこの穂を刈って乾燥させて座敷ボウキを作ります。天高くそびえる姿に「コレは何?」と皆不思議そうに見ていきます。

この高い背を支えるためには、太い茎が必要です。本当はもっと間隔を空けて育てると太くなるんですが、間引きの時についもったいなくてたくさん残したら、ひょろひょろになってしまいました。お盆前に台風が来たとき、風でぽっきり折れてしまったものも。支えを作ってこれ以上倒れないように手当しました。

また、根元のほうを見ると、節からたくさんの根が土に伸びています。おそらく、この大きな体をしっかり支えようと、根が伸びていったのだと思います。土寄せをして、根が深く広く張るようにしました。

節からどんどん根が伸びる
土寄せ後の根元

もう一つ畑で育てているのが「綿」です。春にポットに種まきをして、マルチをかぶせた畝に植え替えて2ヶ月あまり、今は花盛りです。綿の花は咲き始めは白いのですが、数日後にはピンク色になって枯れていきます。盛りには1本の株に白とピンクの花が混在しているので、「(2色の花が咲くなんて)珍しい花だね?」とよく言われます。

咲き始めの白い花
終わり頃のピンク色の花

綿も秋になると実をつけます。綿の実って、どんなものか分かりますか?あのふわふわの綿がどうやってできるのか、不思議ですよね。またこちらのブログでご紹介したいと思います(^0^)!

 

ろうきん森の学校コシヒカリ②

8月入ってすぐに、コシヒカリの穂が出てきました!葉っぱの間から顔を出した穂には、白いおしべがのぞいていて、「花が咲いている」状態です。

ちょっとわかりにくいけど白いおしべ見えますか?(8月3日)

8月下旬には穂も大きく伸びてきています。

穂が出そろってきた(8月22日)
まだ青々としていますが、これから・これから!

平野部では品種によっては黄金色の田んぼもちらほら見られ、9月に入ると本格的な稲刈りシーズン突入です。今年の稲はどれも生長がよく背高なので、台風などの雨風で倒れなければいいのですが・・・これからの実り具合はお天気にお任せします!

 

真夏の青田刈り

「青田刈りの時はいつも暑いね~!!」が合い言葉。今年も青ワラ収穫のための青田刈りを実施しました。多少イナゴに喰われているけど、と思っていたら、田んぼに足を踏み入れたとたんに、イナゴの大群がぶわっと飛び立ちます。

イナゴがびっしり!見えますか?

気を取り直して、いざ青田刈り開始です。今回はゴゼンモチという稲と古代米の稲の2種類を刈りました。どちらも青々とよく伸びて、いい青ワラになりそうです。

ゴゼンモチの収穫
古代米の収穫

刈った青ワラは大束にして棚田の下の道まで運びます。穂が付いていないので軽い稲ではあるのですが、棚田の坂を何往復もするのは重労働です。中にはロープで背負子(しょいこ)を作って一気運びする人も!

とても暑い日だったので、朝6時半から作業を始めましたが、それでもこまめな休憩が必要です。今年は田んぼの近くに簡易日よけを設置し、休憩所を作りました。

風が通ると気持ちいい!

やっと稲を運び終え、みんなで記念撮影です。

この青ワラはこの日のうちに乾燥機に入れられて、およそ丸1日乾燥させました。仕上がりは上々!ぱりっと香ばしい香りの青ワラになりました。12月には、この青ワラを使ったリース作りやしめ縄作りを行います。お楽しみに!

 

 

バケツ稲に挑戦中!

ときどき小学校の学習で育てているのを見かける「バケツ稲」。今まで育てたことはなかったのですが、このコロナ禍で棚田に来たくても来られない方が「バケツ稲を都会でやってみたい!」とのことで、今年はスタッフが自宅でお試し栽培をやってみました。

まずは棚田の土をバケツに詰めるところからはじめました。そこへコシヒカリの苗4本を1束にして植えます。今回はお試しなので、1束4本しか植えなかったバケツと、2束・8本、3束・12本の合計3つのバケツを用意しました。

5月26日 田植え
奥が1束、手前右が2束、左が3束です

1ヶ月後、しっかり根付き、大きくなりましたが、雑草も生えてきたので草取りをしました。

6月21日 草取り
草取り後。上から見るとまだ水面が見える

さらに20日後、もう水面が見えなくなるくらい伸びてきました。まだ3つのバケツの稲に成長の差は見られません。3束植えたバケツが、ちょっと混み合って見えます。梅雨ということもあり、ここまでは全く水やりをしていません。天水だけで成長してきました。

7月10日 順調に大きくなっている
7月10日 横からみるとこんな感じ

ところが7月12日、よくよく見ると稲の一部が根元から黄色くなって枯れているように見えました。それどころか、触ってみると茎がとろけて腐っている!ぽっきり折れてしまいました。。。

7月12日 茎の一部が黄色くなって折れちゃった!

慌てて知り合いに聞いてみたところ、「稲が順調に分けつ(茎が太って枝分かれすること)したけど、それ以上分けつすると栄養が足りなくなるから、自分で本数を調節している状態」とのこと。「 穂肥(ほごえ=穂のもみを充実させるための肥料)をしたほうがいい」とのことで、バケツ1つに小さじ1杯くらいの肥料をまきました。

7月14日 穂肥をまく

今年は梅雨明けが早く、上越でも7月半ばには梅雨が明けてしまい、それからは毎日水やりをして土が干からびないように注意しました。穂肥をしてからは、それ以上稲が枯れることもなく、ぐんぐん伸びていきました。良かった。。。

そして暑さが続いた8月初旬、2束植えたバケツの稲に、最初に穂がつきました!おしべが顔を出し、花が咲いている状態です。続いて1束のバケツ、3束のバケツも出穂しました。

8月4日 出穂(しゅっすい)確認!
8月4日 この頃になると、3束の植えたバケツ稲はちょっと背が低く見える。2束のバケツ稲が一番元気がよさそう。

厳しい暑さから一転、お盆頃からずっと雨が降り続き、稲はどうなったか心配でした。のぞいてみると、穂はたくさん出てきましたが、一部茶色くなっていたり、虫食いの穴があったり!そういえば、穂肥はしたけど防虫剤や殺虫剤は何もしていません。水田でも稲が混み合っていたりすると虫がついたりするそうなので、仕方のないことかな。ちょっと様子を見ながら、穂が垂れるのを楽しみにしています!(続く)

8月16日 中央に虫食いの痕が見える。茶色い籾もちらほら。
8月16日 こんなに大きく生長しました!

ちょいワラ体験会6月・7月

6月のちょいワラは、わらと同じ「編む」つながりで、「ニンニクブレード」を作りました。ブレードとは「三つ編み」のことで、収穫したニンニクの茎の部分を三つ編みにしたものです。保存はもちろん、飾りにもなります。スタッフ自家製のにんにくは、今年は大玉で存在感抜群!見た目と香りが楽しめますね。

7月のちょいワラ体験会はちょっと思考を変えて苔玉(こけだま)とわらのコラボレーションに挑戦しました。苔玉は植物の根っこ部分を苔で包んで仕上げる「ミニ盆栽」のようなものです。会場の周囲には、材料となるシダ植物や苔がたくさんあり、それぞれの好みの形に仕上げました。そのままお皿にのせてもかわいいのですが、せっかくのちょいワラ部会ですから、「水切り台を縄で作ったらいいのでは!?」ということになりました。せっせと縄をなって、小さなリースの輪を作り、苔玉台の完成です。涼しげな苔玉を手に、「暑い夏も乗り越えられそうだね!」とにっこりです。

先月からスタートしたフカグツ作りはなかなか進みませんが、講師の和瀬田さんが足の甲の部分「ガメ」を編んで見本を見せてくれました。「私もフカグツを作ってみたい!」という新たな挑戦者も加わり、来月以降はフカグツ完成を目指して頑張ります!

 

元気もりもり・もりっちクラブ②③

ご報告が遅くなりましたが、2回目・6月のもりっちクラブはお天気にも恵まれ、「草刈りちょいボラ」からスタートしました。ササユリの丘やもりもりデッキをきれいに草刈りをして、子どもたちは集めた草を協力して運びました。

水生昆虫観察ではモリアオガエルの卵塊やアカハライモリなど、普段目にすることのない生き物に興味津々です。

お楽しみクッキングは「ねじりパン」に挑戦しました。棒にぐるぐる巻いた生地を、男性陣が熾してくれた炭火でじっくり焼きます。「焦げちゃった!」「チョコチップが最高!」と、テントの下で賑やかな声が飛び交っていました。

3回目・7月のもりっちクラブはあいにくのお天気でしたが、午前中のプログラム・苔玉作りでは、管理棟の周りを歩きながら好きな植物を探して掘るところからスタートしました。シダだけでなく、フキやネムノキなど、種類もたくさん。森のつるでミニリースを編んで土台を作りました。

「雨の日は外で遊べなくてかわいそうだね」ということで、講師と森のスタッフが管理棟内にブランコと上りロープを設置してくれました。子どもたちは管理棟に入るなり目が釘付け。活動中も合間を見ては、仲良くブランコで遊んでいました。「これがあったら、楽しめそう!」というアイディアを形にしていくのが「もりっちクラブ」の醍醐味です。このブランコは市民の森管理棟に常設してありますので、大人も子どももぜひお楽しみください!