大雪じゃない、豪雪(ごうせつ)

1月7日にこちらで大雪とのブログ更新をしましたが、翌日からどんどん雪が降り積もり、ついに35年ぶりの「豪雪」となってしまいました。昭和59年から61年にかけての「3年豪雪」以来、35年ぶりの降り積もり方です。当時小学生だった私は、学校が休校になったり、一斉雪下ろしで家の2階から出入りした記憶がありますが、もう二度とそんな雪は降らないだろうと思っていました。

半日で写真上のような状態になり、雪を落とすと写真下。そしてまた半日経つと写真上に戻る・・・ということを、例年は数回で終わっていたことが、今回はたった3日間で6~7回も繰り返しました。町は除雪が追いつかず、バスも電車も止まったまま。除雪した雪も行き場がなく、車が動かせない私は出勤もできません。

学校は1週間休校で、まだ3学期の始業式もやっていません。最初は大雪に喜んでいた子どもたちも、だんだん状況が分かってくると「雪の怖さ」を感じ取ったようです。もはや猫の手も借りたいくらいの除雪作業、子どもであっても貴重な戦力です。

家屋の倒壊も数件出ているので、屋根の雪下ろしをする人も多くなっています。我が家も電線が雪で埋まってしまったので、車庫の雪を下ろしました。

除雪疲れがたまってきた3日目の朝、曇り空に30羽ほどの白鳥が列をなして西の空へ飛んでいきました。白鳥もこの豪雪にびっくりして移動したのでしょうか。でもその力強い羽ばたきに元気をもらい、除雪再開!まずは安全第一にて、あせらず作業を進めていきたいと思います。

あけまして大雪!(゚Д゚)!

あけましておめでとうございます!年末は12月27日から休みに入り、正月明け4日に仕事始めで出勤したら、なんと事務所玄関が埋もれている・・・(-_-)!年明け寒波は予想以上でした。

仕事始めは駐車場の雪かき、事務所や加工所の雪下ろしとなりました。雪下ろしといっても屋根の上に上るのではなく、屋根から落ちて屋根までつながってしまった雪を「切る」という作業です。

↑この写真の右側は加工所の屋根で、左側に落ちて積もってつながった雪をスノーダンプで切って落としているところです。ひさしの下がトンネルみたいになっているので、不用意に屋根に近づくと、落とし穴にはまります。やっと事務所周辺が終わったと思いきや、谷の奥の施設へと移動。今度は、平左衛門カフェや生活デザイン参考館(わら細工工房)の雪下ろし・雪切り作業です。

↑雪に埋もれた平左衛門カフェ

↑1Fが見えないわら細工工房

わら細工工房の入り口付近は、ほぼ埋没していました(T_T)。写真はスノーダンプで除雪中のスタッフです。冬期は使わない施設ですが、入り口が埋まってしまうと出入りができないので、実は雪が降り積もったら2階から出入りできるようにしてあるんですよ(^_^)v。

↑中ノ俣も年末年始に降り積もり、今は130cmほどの積雪です。地球環境学校の屋根は10m以上あるので写真ではあまり雪の多さは感じませんが、道路の雪壁は背丈以上になっていて、圧迫感を感じます。

プレ仕事始めの除雪が一段落してから、ちょいワラ部会で育てたワラで作ったしめ縄を神棚に捧げて手を合わせ、ようやく新の仕事始めとなりました!今年もよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

手作りしめ縄で新年を!

ちょいワラ体験会・毎年恒例のワラリース作り、しめ縄作りを行いました。2日間でのべ34名の大盛況!今年は青ワラの生育も順調で、120cmほどの長めのワラが収穫できました。ワラリースはクリスマスやお正月の飾りになります。いつもは横置きにするリースを、ある参加者が縦置きにして飾っていました。「こんな飾り方もあるんだね」と、発想の転換に驚きつつ、さっそくアイディアを共有していました。

しめ縄作りは3人一組の力作業です。「しっかり押さえて!」「ねじり方が逆だよ!」と、声を掛け合いながら、各家の神棚に合わせたしめ縄を完成させました。中には一人でしめあげた方もいらっしゃいました。

自分の手で作った新しいしめ縄で迎える新年は、気持ちもぴりっと引き締まりますね。午後の創作活動も多くの方にご参加いただき、一年の締めくくりにふさわしい楽しく賑やかな体験会となりました。

今年は早めの雪景色となり、本格的な冬が来たなと実感しました。大掃除もバッチリ済ませて(^_^)v、しめ縄を飾り、新たな年を新たな気持ちで迎えようと思います。皆様よいお年を!

 

カモシカとバッタリ!

晩秋のくわどり市民の森。閉園となるので、最後の見回りを・・・と林道を車で走っていると、葉が落ちて見通しの良くなった林にガサゴソ。カモシカではありませんか!近年、イノシシやニホンジカはよく見るようになりましたが、カモシカは見かけなくなったな、と思っていました。車を見つけると、ささっと距離をとりましたが、こちらを見てじっとしています。

こんなビッグチャンスに限ってカメラを持ち合わせていなくて、なんとかスマホで撮影したのですが、分かるでしょうか?しばらく見つめ合って(*^o^*)、ほどなく奥山の方へ駆けていきました。

ちょいワラ作品展とミニ体験会

毎月1回の割合で行っているわら細工体験会に参加している皆さんの作品を、ぜひ多くの人に見ていただきたい、そしてわら細工を楽しむ仲間を増やしたい!そんな思いから、「ちょいワラ作品展・ミニ体験会」を開催しました。

100点以上の作品を展示し、8日間で150人ほどの来場者にお越しいただきました。ミノやセナコウジなど、地域に残るわら細工の逸品をご覧になった方は、「うちにもあったなぁ」と懐かしみながらも、「これだけのものを手で紡ぎ出すのはすごい技術!」と驚いていました。

ちょいワラ仲間の作品は、砥石袋に花瓶を入れたり、サンバイシに布を組み合わせてフォトスタンドや時計にしたり、木の取っ手にミゴを刺してブラシにしたりと、現代風のアレンジを施してあります。「こうやって使うと楽しいね」というヒントがいっぱいで、わら細工がとても身近なものに感じました。

作品展と合わせて実施した「ミニ体験会」には、4日間で25名の方が訪れました。「昔やったことがある、見たことがある」という人ではなく、「ワラに触れるもの初体験!」という若い方がほとんどでした。体験を始めると、「・楽しい!・かわいい!・キレイ!・使える!・面白い!・びっくり!」という感動の声が飛び交います。ミニ体験会なのに、ぜんぜんミニじゃなくて(笑)、大作を作り上げる人も。みなさん手作りの作品に大満足でした。

 

「今度は仲間とこちらに来て、泊まりでじっくり体験してみたい」と話してくれた人、「次回の体験会はいつですか?」と尋ねる人・・・「わら細工」というキーワードが、作品展やミニ体験会を通じていろいろな人を集めてくれました。そして、その縁をつないでいくのが「ちょいワラ部会」です。今後も「毎月一回」の背伸びしないペースで、居心地よい場作りをしていきたいと思います。皆様もぜひ、お寄りください!お待ちしております。

 

 

 

わら細工体験会/初心者でも・・・

十一月の体験会では、初心者ながら「頑張って釜敷きを作りたい!」と熱望する三名の参加者が、講師を「師匠!」と仰ぎながら、縄ない、土台作り、縄からげと、午後までかけて素敵な作品を作り上げました。

ワラを叩いて柔らかくするのも大変!ということで、わらたたき機にも挑戦してみました。ハンドルを回すと、ワラがするすると引き込まれていき、柔らかくなって出てきます。でも、ハンドルが重いので、結構な重労働です。

「家でもやってみたいので、ワラを少し分けてもらえませんか?」との話から、「じゃあ、来春は稲作りから一緒にやろうよ!」「青田刈りは暑いけど、いいワラになるよ!」とどんどん話題が広がりました。「ちょいワラ仲間」はこうやって増えていくのです★

初心者とは思えない出来映えです!

 

ろうきんボランティア活動/冬支度

新潟ろうきんの有志による、ボランティア活動第3弾!まずは市民の森の冬支度です。もりもりデッキを解体・収納したり、炭焼き小屋の柱の補修をお手伝いいただいたりしました。

また、先月、管理棟脇の大きなクヌギの木を伐採したので、その幹や枝を有効利用しようということで、シイタケやナメコのコマ打ちを行いました。30本ほどのホダ木ができ、去年のホダ木と一緒に並べると、なんとなく「きのこフィールド」の形が見えてきました。去年打ったホダ木からナメコも顔を出していて、「来年は、もっと出るね!」と期待大です。

さらに今回は、「小学生の木工作に使うための木がほしい」という小学校の先生の要望に応え、整備で発生した雑木を集める作業を行いました。雑木は薪やホダ木だけでなく、木工材料や教育材料にもなるので、整備後の森は宝の山!ですね。残った雑木は、ヤブタケフィールドの栄養にするため、リレー形式で木を運びました。

冬は外作業はしばらくお休みです。春にまた、爽やかな森でお会いしましょう!

 

中ノ俣古道を歩く

11月14日・15日と行われた中ノ俣古道を歩くツアーに参加しました。二日間ともよい天気で、紅葉もバッチリ見頃!とてもすがすがしく気持ちの良い散策を満喫しました。二日間で約19km。写真をピックアップしたダイジェスト版でご報告します(^_^)v

1日目は滝寺集落からから3つの砦を巡り、中ノ俣へ続くコースです。

歩き始めてすぐにクリタケ発見!秋の恵み満載です。
落ち葉を踏みしめながら歩きます。
砦を回るコースで、各所にスタンプ台があります。
暗い杉林と日の通る雑木林のコントラスト!
山道にはしっかり看板があるので安心。
秋の花・リンドウも顔を出していました。
各砦からの眺めは最高です!海までよく見えました。

2日目は中ノ俣集落から牧場へ続く古道を歩き、棚田へと抜けるルートです。

集落周辺には杉林や笹藪が続きますが、きれいに整備されています。
すぐ近くにヒヨドリが陣取っていました。思わずにらめっこ!
午前の柔らかな光を浴びて気持ちいい!
モミジが真っ赤に紅葉していて、感動!
木々の隙間から山々を望みます。糸魚川の権現岳と鉾ケ岳です。
もうすぐお弁当~!
中ノ俣牧場を望む林道沿いの歌碑。
ススキがまぶしい中ノ俣牧場(跡地)。奥の山は海前峰。
午後の日差しは紅葉をより眩しく照らします。
天然なめこ発見!
ブナ林に到着。黄葉が見事!!
秋の宝物を見つけながら、子どもも楽しみました。
中ノ俣・角間の棚田に到着!お疲れ様でした~★

 

なめこ出ました~★

去年の秋、ろうきん森の学校の活動で、ナラの木にコマを打ったナメコが顔を出しました!!

↑11月4日にはじめて確認!
↑11月10日、大きくなってきました!
↑11月13日、取り時です!
↑丁寧に収穫!思わずニッコリ!!

去年5本くらいにコマを打ちましたが、一番太くて大きいホダ木1本だけからナメコが出ました。ぬるぬるつるん、とても美味しそう!今回は1本だけのようですが、来年はもっと収穫が期待できそうですね★

 

昔の道具が大活躍!

稲から籾(もみ)を取る作業を脱穀と言いますが、今のコンバインは稲刈り・脱穀まで全自動です。手で稲刈りしてハサがけした米は、今は「ハーベスター」という機械を通して脱穀・選別しています。しかし、ハーベスターで脱穀してしまうと、籾に傷がついて種籾としては使えなくなってしまいます。そこで種籾を取るときには、昔ながらの「足踏み脱穀機」が重宝します。足でペダルを踏むと、ドラムが回転し、その突起部分に籾がひっかかり、稲から籾が外れる仕組みです。ハーベスターは動力が足ではなく電気ですが、その仕組みはまったく同じです。

稲を広げて脱穀機に入れると、ぱらぱらっと籾が落ちます。しかしドラムにも力がかかるので、足もめいっぱい踏み込まないと止まってしまいます。子どもたちも体験してみましたが、結構な力作業です。見えにくいですが、左の子がワラを持って、右の子が足でペダルを踏んでいます。籾が飛び散ってしまうので、脱穀機の周りを板やシートで覆って作業していました。

脱穀した籾には藁くずや未熟な米が混ざっているため、唐箕(とうみ)という道具を使って、選別します。唐箕は風の力を利用して、重い籾と軽いワラくずや未熟米を分ける道具です。ハンドルを回して風を起こし、上から籾を少しずつ入れて、ここからは「風任せ~!」

すると、重い籾は手前の出口から、軽い籾は奥の出口から、もっと軽いワラくずなどは横の出口から、と3つに分かれて出てきます。

写真の右上がハンドルです。手前の箕(み)に入っているのが重い籾です。「本当に重いモノだけがここから出ているのかな~?」と半信半疑だったので、この籾だけをもう一度唐箕にかけてみました。そうしたら、やっぱりこの出口からしか籾は出てこない!疑ってごめんなさい!今も昔も立派に役割を果たしている道具に感謝!です。