もりっちクラブ⑥ 竹でバウムクーヘン他

良いお天気に恵まれた9月、ちょいボラの草刈りも頑張ってくれた子どもたちは、秋の生き物探しに夢中でした。トンボやバッタもたくさんいるのですが、「池の生き物を捕まえたい!」という要望にお応えして、管理棟前の「ひし池」にて、水生生物を探しました。トンボのヤゴやゲンゴロウ、大きなオタマジャクシやアカハライモリの幼生もいました。静かな水面の下にこんなに多くの生き物が潜んでいることに、子どもも大人もちょっとびっくりしていました。

お楽しみクッキングは竹でバウムクーヘン作りです。火を熾して、竹の棒に生地を塗り、棒をくるくる素早く回して何回も重ねて焼いていきます。子どもたちよりも大人が夢中になり(笑)、暑さと格闘しながら厚みのあるバウムクーヘンを焼き上げました。竹の棒を抜いて輪切りにしてきれいな年輪模様が現れると、「わぁ~!」っと大歓声!ずっしりとボリュームのあるバウムクーヘンを頬張り、おやつタイムを楽しんでいました。

その他にもお楽しみいっぱいでした↓★

 

ちょいわら体験会⑤⑥ ミニ米俵作り他

8月に刈って干した青ワラで、ミニ米俵を作りました。手のひらサイズの米俵なので、パーツがとても小さく指先での作業になります。特にサンバイシはワラを折ったり押さえたりするのが一苦労。それでも8月の会の半日で、胴部分をこも編みで編んで、サンバイシを2つ作るところまで終わりました。

9月の会では、胴部分にもみ殻を詰めて、サンバイシでフタをして麻ヒモで締め上げました。麻ヒモがカラフルなので、ちょっとオシャレなミニ俵に仕上がりました。3つ作って重ねると何となくおめでたい雰囲気に。「今度は自分で作った米を入れて作ろう!」と、米作りにも気合いが入りました!

 

 

大きいサンバイシ作りに挑戦中!
初めての人には、なわないもていねいに教えます!

 

 

棚田学校⑤ ハサ作り

9月に稲刈りを控え、刈った稲を干すハサを組む作業を行いました。すでにあるハサに、竹の横木を追加していく作業です。上の方は鉄管で組んであるので、冬でも横木は外しませんが、下の方は雪が積もって押されてしまったり、田んぼとの出入りに邪魔になったりするので、夏に竹で組んで冬前に外します。ヒモで縦の木と横木を結ぶのですが、しっかり結ばないといけません。また、横木と横木の幅は狭すぎても広すぎても稲を干すのに都合が悪いので、均等に平均に幅がとれるように、みんなで声をかけながら作業しました。9月にはここにずっしり稲がかかりますように!

穂が出た稲は、ちょっと長く育ちすぎると風に強く当たったりして倒れてしまいます。これから穂も重くなってさらに頭を垂れると、ちょっと稲刈りに苦労するかも・・・

↓こちらは刈った草を積んでおいたところをイノシシに掘り返されてしまいました。電柵も張ってあるのですが、ちょっと切れているスキに忍び込んでいるようです。ミミズなどのエサを探しているのかな。

もりっちクラブ⑤ 中ノ俣出張川遊び

8月は一泊二日の宿泊予定でしたが、コロナ感染防止のため、今回は2日目の川遊びだけを日帰りで実施しました。中ノ俣川は、前々日までの大雨で若干水量が多く冷たかったのですが、箱めがねを使って川底を覗くと、水生昆虫や魚が潜んでいるのが見えます。今回は「川の生き物捕獲大作戦!」という感じで、箱めがねと網と知恵を駆使して、いろいろな生き物を捕まえました。

カワトンボやヘビトンボの幼虫、シマドジョウ、カワニナなど、普段もりっちクラブが活動している市民の森の池沼とはちょっと違った生き物が観察できました。

カワトンボの幼虫
チラカゲロウの幼虫
みんなで生き物観察!

「せっかく川に入ったのだから、ずぶ濡れになってもいいよね!」ということで、竹の水鉄砲や最新式の水鉄砲も大活躍!最後は手で水を掛け合い、夏の涼を満喫していました。

 

暑さに負けず青田刈り!

今年も青々と、そしてのびのび大きくなった「青ワラ」を刈りました。水を抜いてもずっぽり埋まる田んぼに悪戦苦闘しながらも、刈る人、ワラを畔に上げる人、ヒモでしばる人、運ぶ人と分かれて、連係プレーで作業を進めました。青ワラは背を伸ばすために肥料を与えますが、肥料が効きすぎたのか1株が片手でつかめないほどの大きさに。「今年の青ワラは太っちょだな!」と苦笑いしながら、バッサバッサと青ワラを刈り上げました。

↑青ワラは背が高いです
↑ぬかるみに悪戦苦闘!

早速、機械乾燥させた青ワラはパリッと仕上がり、香ばしい香りが部屋中に漂います。今年はしめ縄やお正月飾りの他にも、青ワラでミニ米俵も作ってみようと思います。青ワラはちょいワラ体験会で使用しますので、ぜひご参加下さい!

↑乾燥させた青ワラ。軽ワゴン一台分です。
↑部屋の隅に保管。日が当たらないよう寒冷紗をかけます。

 

 

今年も元気に!~夏のふるさと探検~

子どもが一人で参加し、いろいろな遊びや課題にチャレンジする「ふるさと探検」。今年も元気な小学生が集まりました。ウオークラリーでは竹けん玉やつるの輪投げ、葉っぱ探しなどに挑戦し、グループ毎で楽しんでいました。

お土産作りでは馬とセンを使った色鉛筆作りに挑戦し、「上手くできた!早く使いたい!」と喜んでいました。

森遊びではなんと言っても木登りが一番人気です。今年は登るだけでなく、逆上がりをしたりぶら下がったり、いろいろな「技」が飛び出していました。

リピーターも多いので、何か新しいことを・・・と考えて実施したのが、夏の定番・「スイカ割り」!地元の方にいただいた大きなスイカを前に、「目隠しして、5回まわってから歩くんだよ!」と、みんなでルールを決めたり、「もっと右!行き過ぎ!!」と大きな声で誘導したり、とにかく大はしゃぎでした。ウッドデッキに腰掛けてスイカにかぶりつく姿は、私が子どもの頃の風景そのもの。懐かしさに浸りながら、この子どもたちも夏休み毎にここでの経験と景色を思い出してくれるといいな、と感じました。

** ↓番外編↓ **

3時のおやつ・チョコバナナマシュマロピザ!
お小遣いでお買い物。これもお楽しみの一つ!

 

 

 

棚田学校④ 草刈りとかかし作り

6月に続き、7月も畔の草刈りを行いました。1ヶ月でかなり草が伸び、刈払機や草刈り鎌で刈った草は山積みです。この草を集めて積んでおくと、いずれ良い土や肥料になるそうで、ビビラでかき集めておきました。

この日は、とても暑かったのですが、いろんな生き物が観察できました。羽化したてのトンボや涼しげにたたずむトノサマガエル。ちゃっかり稲の葉を食い荒らすイナゴなども飛び交っていました。同時に、今年はハチも活発で、畔の草刈りの時にはアシナガバチの巣に遭遇してしまいました。ヘビも潜んでいることがあるので、しっかり足元注意です。

トンボの抜け殻
羽化したてのトンボ
水面のトノサマガエル
草に潜むアシナガバチの巣

午後はかかし作りを行いました。家々からTシャツやズボンを持ってきて、自分の田んぼを守るオリジナルかかしを作りました。竹を十字に組み上げるが一苦労でしたが、ワラで肉付けして顔を描いたかかしは結構リアル!夕方出会ったら、どきっとしちゃうかも(笑)!杭を打ち込んで、しっかりしばりつけ、田んぼに仁王立ちです。以前に小学生が作ったかかしと合わせると10体以上のかかしが田んぼを見守っています。角間の棚田に来たら、探してみてくださいね(^0^)!

 

 

 

 

もりっちクラブ④木工作とマイピザ!

「梅雨時期だからこそ、じっくり工作を!」ということで、今回は生木を使った色鉛筆と小枝のストラップ作りを行いました。太い枝に穴をあけて色鉛筆の芯を埋め込み、削っていきます。小刀でも削れますが、「馬」という専用の削り台にまたがり、「セン」という刃物を使って色鉛筆の先を削っていきます。スイスイ削れるので、つい削り過ぎてしまうくらい楽しい作業です。好みの枝や色を組み合わせ、味のある色鉛筆ができました。

昼食時には、好きな具材を使ったマイピザを作りました。トッピングの定番と言えばソーセージやピーマン、チーズですが、もりっちの皆さんのピザは、ブルーベリーとバナナのフルーツピザや、エビやしらすのシーフードピザ、ナッツ類とチーズの濃厚ピザなど、本当にいろいろなアイディアがいっぱい!ほんの2分くらいで焼けてしまうスグレモノのミニピザ釜でこんがり焼いたら、出来上がり!熱々をその場でいただけるのは、アウトドアクッキングの醍醐味ですね。

いつもの「ちょいボラ」も忘れていませんよ!活動場所の草取りを行い、3段の堆肥ボックスの半分くらいまでたまったかな?秋には落ち葉もいっぱい入れて、ふかふかの土を作ろう!

 

ちょいワラ体験会③④ ミニフカグツ作り

6月と7月の体験会では、前々から要望のあった「ミニフカグツ」作りにチャレンジしました。普通サイズのフカグツ作りは手だけでなく、足も使うし、前屈みの姿勢になったりと、とても大変なのですが、今回はぞうり作りの治具を活用して、楽に作業できるようにしました。

一方、ミニサイズのものづくりは細かい作業が多いのが難点です。フカグツの底、ガメ(つま先)、筒部分を順に編んでいきますが、ワラ1本か2本を選んで丁寧に編んでいきます。

「細かい編み目がよく見えない」「フカグツが小さすぎて、手が入らなくて編みづらい!」など、ちょっとした困難はあったものの、最後は縁に布を巻いて、高さ10cmほどのミニフカグツ(片方)が出来上がりました。筒部分に鉛筆やドライフラワーを挿して使ってもいいですね。2回の体験会で1足のミニフカグツが完成しました。「それぞれの大きさをそろえるのがとても難しいけど、やっぱり二つ(1足)揃うとうれしい!」と笑顔の皆さんでした。

棚田学校③ タノクサ取りと畔刈り

早々と梅雨が明けた今年の夏、田んぼの中の草はあまり多くなく、ちょっとほっとしていたのですが、畔の草はのびのびです。今回は草取り、草刈りがメイン。まずは、どんな雑草が生えているか、「敵を知る」ことからスタートしました。田んぼの中に埋め込んで肥料になる雑草もあれば、埋め込んでもまたはびこってしまうやっかいな雑草もあり、地元の方に丁寧に教えていただきました。

田んぼの中の草は、稲の根元を手でかき混ぜながら、指に絡む草を取っていきます。根元をかき混ぜることで空気を入れ、成長を促すのだそうです。畔の草は草刈り鎌で丁寧に刈り取り、きれいに散髪された棚田はとても涼しそうでした。