お知らせ

『里山のふところ~生きるマンマ、おかわり!』 ダイジェスト版として全国放送!

更新日:2018年03月07日

昨年11月に、第37回「地方の時代」映像祭コンクールにて優秀賞を受賞した、

JCV上越ケーブルビジョン制作ドキュメンタリー番組

『里山のふところ~生きるマンマ、おかわり』が、60分に短縮され、

ダイジェスト版として放送されることとなりました。ぜひご覧ください!

 

-上越市西部をながれる桑取川、全長15kmの流域に生きる人々の暮らしを1年間カメラが追いました。

そこには、ゆたかな水をはぐくむブナ林や棚田を「まかなう」人々の姿があり、古老が語る自然への畏れや共生の教えが息づいています。

お年寄りたちは、あかるく声をかけあい、みずから娯楽を「まかない」、笑顔いっぱいです。農の神を祀る宮司たちは小学生に神楽舞を伝え

「ムラの心」を託そうとします。過疎化が進む中、集落を元気にする「生きるマンマ」とはなんでしょうか?

里山のふところでみつけた「ちいさな宝物」を描きます-

 

■放送日時: 3月12日

午前0時(11日深夜12時)~60分

※東日本大震災七回忌の翌日にあたるため、放送日時が変更されることが予想されます。何卒ご了承ください。

■チャンネル: NHK BS1

このページのTOPへ